開業時期よし。和尚さまから「あんたは大丈夫!」とお墨つきをいただいてきました

とある場所の和尚さんのところへ、
開業についてのアドバイスをいただきに行ってきました。

ここは16年前に強引に先輩に連れて行かれた場所。

あの時はまだスピリチュアルなことに対して抵抗感がありました。

今回はお願いして連れて行ってもらいました。

瀬戸内寂聴さんのような女性の和尚さん。

容赦ないこと言われますがすごくほっとします。

16年前は顔を見るなり。

「あんたがんこやな。言い出したらきけへんやろ」

それがあいさつでした(笑)

そのときは道場運営について相談しました。

わたしは空亡(天中殺)の時期に道場を始めていたのでした。

「あんたよう今までもってるなあ。ふつう空亡に始めたら1年ももたへんで」※もってる=続いてる

「時期と方角だけはどんだけ神さん仏さん祈っても勝たれへんのや」

「そんなもん空亡なんかに出したらあかんで。何でもってるんやろな」

「一緒にやってる友達が空亡ちゃうから潰れへんねんな。その友達大事にせなあかんで」

「あんただけやったらこんなにもってへん」

って言われました。

さんざんでした。

今回は…

「うん、時期はばっちしやな」

「あんたは去年まではな、もやもや悩む時期なんや。それがどんどん固まってくるんが今や」

「この子はな、ちゃんと徳を積んできてるからな。これからどんどんええようになっていくわ」

「うん、大丈夫やわ。あんた金持ちなるで」

でした。

まさかのダメ出しなしでした!

「うん、大丈夫やわ」の一言に涙が出そうでした。

そして最後に。

「この子はな、がんこやねん。言い出したらなんも聞かへんねん」

とやっぱり言われました(笑)

今回はここまでで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

みなさまに幸せが届きますように!

感謝!

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります!


健康と医療ランキング