セラピスト・プロフィール

柔道整復師
横山 裕行 Hiroyuki Yokoyama

生年月日
生まれ 1969年9月26日
出身  兵庫県神戸市

略歴
整体サロン VERITAS 代表
Total Budo Gym 武道 松朗館 代表
関西健康科学専門学校卒業

取得資格
柔道整復師免許
柔道やスポーツチャンバラなどの武道の段位諸々
第2種情報処理技術者

特徴
国家資格である柔道整復師免許を取得。
人体についての知識を持ち、手技療法や運動療法、コーチングの経験を豊富に重ねてきている。
整骨院で修業したのち高齢者介護施設にて六年間セラピストとして経験を積み、多くの人たちの心と身体に向き合ってきた。
介護施設では多くの方の命というものに向き合わさせていただいた。
命に向き合ってきた経験から癒しというものを学び現在に至る。

経歴

〇少年期新神戸に生まれ、新神戸の川や山で遊んで育つ。
幼少から身体が大きく中学生で体重100Kgを越えていた。中学の部活動で柔道を始める。
〇20歳代コンピューターの運用管理、プログラマーとして職に従事する。
同時にスポーツチャンバラ、空手、合気道、柔道、居合道など様々な武道を修行する。
〇30歳代合気道やスポーツチャンバラの道場を開き独立する。
多くの人が集まるコミュニティとなり、さまざまな人たちとともに汗を流す。
〇40歳代道場運営の傍ら、人体の知識を専門的に深めるため柔道整復師の養成専門学校に入り免許を取得する。
専門学校では多くの若者と出会い、ともに学びながら第二の青春時代をすごす。
〇柔道整復師
免許取得後
>整骨院での修業

スポーツクラブ併設の整骨院で2年間の臨床経験を積む。
若年から高齢者、アスリートから一般層まで幅広い層の筋骨格系疾患に携わる。

>高齢者介護施設で6年間、セラピストとして経験を積む。

脳血管疾患、認知症、筋ジストロフィー、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、線維筋痛症、多系統萎縮症、脊柱管狭窄症、糖尿病、メニエール病、末期がん、がんの神経転移、視床痛、リウマチ、呼吸器疾患、心臓・肝臓・腎臓疾患、浮腫、筋骨格系疾患などあらゆる疾患に携わる。

生きる意味を失っておられる方、余命わずかの方、亡くなっていかれる方と向き合うために癒しというものを学び始める。

多くの方の人生や命というものに向き合わさせていただく経験を積み重ねる。
〇現在~・もっと広い範囲の人たちにセラピーを提供し、必要とされる方の役に立ちたいとの思いからVERITASを開業する。

・スポーツチャンバラの教室を開き個性あふれる子供たちとともにスポチャンを楽しんでいる。

・ネイティブアメリカンの教えや仏教、自然活動など、学びと体験から生きることの本質、癒しと向き合い続けている。

VERITASの想い

私は長い間、高齢者介護施設にてセラピストとして勤めてきました。
そこには、多くの人が生きる意味を見失って、苦悩とともに毎日をすごされている現実がありました。
これだけ医療が発達していてもどうにもできないような毎日がそこにありました。
私は、この方たちにいま必要なのは治療的なものよりも「癒し」というものではないかと気がつきました。
この社会に今いちばん必要なのは癒しではないかという思いに至ります。
ネイティブ・アメリカンの言い伝えでは、「癒し」とはつながりを取り戻すことと言われています。
心と身体のつながりを取り戻していくことによって癒しがもたらされるのだと思います。
つながりを取り戻すために、心と身体の両面へのセラピーを施すことが大切だと考えています。
さらにはVERITASが、人と人とのつながりを取り戻していく場となればと思っています。
癒しのお手伝いをさせていただきたい。
癒しが必要な方の役に立ちたい。
「VERITAS」にはその想いが込められています。

ご予約は下のボタンを押して次の画面にお進みください。
”WEBでのご予約”、”LINEでのご予約”を選んでお申込みいただけます。