もしかしてゴッドハンド?なでるだけで腰痛が消えてしまったおはなし

こんにちは!

今回は、ゴッドハンドになってしまったときのおはなしです。

登場人物はIさんとします。

それはデイサービスでのおはなしです。

利用者さんにIさんという方がおられました。

Iさんは胸椎12番あたりから背骨が屈曲位に変形しています。

脊柱管狭窄症のため、神経圧迫症状よる下肢のしびれや運動障害があります。

病院での診察を受けても変形の原因は不明でした。

高齢者ではよく見られることです。(原因の多くは圧迫骨折です)

背骨が曲がっている影響で、いつも腰痛をうったえられています。

Iさんは「腰が痛くて毎日が憂うつです」と言われるくらいひどい状態でした。

わたしはIさんの腰痛を診る時間がつくれずに申し訳なく思っていました。

そんなある日のこと、業務のすきま時間に5分ほどだけIさんの腰痛を診ました。

姿勢の観察と触診しか検査ができず、その日は椅子に腰掛けてもらったままで軽擦手技(なでる)を施しました。

「こんなんじゃ何の効果もないだろなあ」って思っていました。

ところが次の日のことです。

Iさん宅へ訪問看護に行った看護師さんから、びっくりすることを教えてもらいました。

「横山さん、Iさんとっても喜んでおられましたよ!」

「長いあいだ何しても良くならなかったのに、こんなに痛くないのはじめてですと言っておられましたよ」

わたしは、「ええっ!?うそ?なんで?」てなりました。

そのあとIさんにも直接に「先生、こんなにからだが軽いの初めてです」と言われました。

わたしはなでただけなのに。とっても不思議でした。

そしてこう思いました。

「俺ってゴッドハンドもってるんや」

「なでるだけであんなに良くなったんなら、本気で腰を診たらもっとよくできるぞ」

そこでまとまった時間ができたときのこと、こんどはIさんにベッドまで来てもらいました。

もとに背骨の変形があるので、腰痛はどうしても再発します。

そしてこんどは念入りに検査をして、しっかりと手技を施したのでした。

「さあこれでさらに劇的によろこぶぞ」と思ってました。

施術が終わってからのIさんの反応は…

「うん痛み良くなったわ。ありがとう」

あれ?反応が薄い。

もっと劇的によろこんでもらえると思ったのに、なんで?

そのときはよくわかりませんでした。

高齢者になるとその痛みの原因は非常に複雑です。

関節の変形による姿勢や動作のゆがみ。

内科や外科疾患などさまざまな病気による影響。

意欲の低下、気持ちが落ち込んでいる。

すべてが入り組んで一筋縄でいかない症状ばかりです。

手技施術をおこなってもなにも改善しないことがよくあります。

そんな方でもお話しするだけで、うそのように症状が消えることがよくあります。

お話しするときはこう思います。

手技療法でよくできないのなら、せめてお話で元気になってもらおう。

こういう気持ちです。

そういった経験で見えてくるものがありました。

軽擦手技だけのときは、すこしでも腰痛が良くなればと5分の間に強い気持ちを込めていました。

それがベッドでの施術のときは、もっとゴッドハンドをみせてやるという気持ちでした。

治療をするときの気持ちが、相手を向いていたか、自分を向いていたか。

思いを込めていたか。込めていなかったか。

ここが最大のちがいでした。

ほんとうに不思議ですが、たったそれだけで効果がぜんぜん違います。

タッチケアを使うときなど、気持ちを込めるとほんとうに良いと思います。

でも今でも、なでただけであれだけよくなったことにはびっくりします。

やっぱりわたしはゴッドハンド?と思ってしまったりするときあります。(未熟)

今回はここまでで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

みなさまに幸せが届きますように!

感謝!

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります!


健康と医療ランキング
▷おすすめサイト(他サイトさま)

kaffy(カフィ)

RSS エラー: https://kaffy.work/ is invalid XML, likely due to invalid characters. XML error: XML_ERR_NAME_REQUIRED at line 1, column 2