幸せそうな人・幸せそうでない人のちがい。治りの早さにもちがいがある

こんにちは!

今回は、幸せそうな人と幸せそうでない人についてのおはなしです。

わたしはセラピストとして、さまざまな人たちを診てきました。

わたしの主観としてですが、 さまざまな人たちのなかに、幸せそうに見える人と、幸せそうに見えない人がいるということに気づきました。

「幸せそうな人」と「幸せそうでない人」にはいろいろな特徴がみられます。

そして身体の痛みの治りの早さにも違いがみられます。

その特徴から、幸せそうでない人は、自身が損をしているだけでなく、まわりにも悪影響を与えていると思います。

幸せそうな人・幸せそうでない人の特徴

「幸せそうな人」の特徴

・いつもにこやかな人。

・なんでも感謝する人。

・いつも前向きな言葉を口にする人。

・まわりの人にエネルギーをあたえ、明るい気持ちにしていく人。

「幸せそうでない人」の特徴。

・いつも不機嫌な人。

・なんでも文句を言う人。

・いつも不平不満を口にする人。

・まわりの人のエネルギーをうばって、気持ちを沈ませる人。

「幸せそうな人」の口ぐせ

・ありがとう!

・しかたない!

・たのしいね!

「幸せそうでない人」の口ぐせ

・なんでそんなことするんや!

・なんでこんな目に合うんや!

・どうせ~~なんやろ。

「幸せそうな人」の施術への接し方

・まだ痛みはあるけど、良くなってるわ!

・教えてもらった治療法ためしてるよ!

「幸せそうでない人」 の施術への接し方

・良くなってるけど、まだ痛みがあるわ。

・教えてもらった治療法してないわ。先生がこれ治してよ。

楽観的か悲観的か

以上のような特徴が見られます。

その特徴を大雑把に言えば。

「幸せそうな人」は、楽観的で柔和な人になります。

「幸せそうでない人」は、悲観的で攻撃的な人になります。

治りの早さにもちがいがある

そのような方との間には、痛みの治る早さにもちがいが見られます。

「幸せそうな人」のほうが、あきらかに治るのが早いです。

フリードマン(M.Friedman)とローゼンマン(R.H.Rosenman)の研究によれば、”攻撃的な人”や”否定的な感情の人”はいろんな病気にかかりやすいと書かれています。

”攻撃的な人”や”否定的な感情の人”とは、「幸せそうでない人」の特徴に当てはまります。

病気にかかりやすいということが、治りの遅さと関連しているのかも知れません。

笑顔と感謝は幸せのもと

では「幸せそうな人」になるためには何をすればよいのでしょう。

「幸せそうな人」には特徴的な行動があります。

「幸せそうな人」は、いつも「笑顔」を見せ、いつも「感謝」をしています。

「笑顔」には、免疫細胞を活性化する作用があることがわかっています。

つくり笑顔でも免疫細胞は活性化します。

「感謝」は、「他者とのつながり」を実感できる要素です。

そして「他者とのつながり」は幸せを感じる要素です。

つまり、健康のために、幸せのために。

「笑顔」と「感謝」が重要な鍵をにぎっているということになります。

「笑顔」と「感謝」で幸せを増やしましょう!

わたしも実践していきます!

今回はここまでで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

みなさまに幸せが届きますように!

感謝!

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります!


健康と医療ランキング
▷あわせてお読みください

アドラーに学ぶ幸せのひけつ。「共同体感覚」と「感謝」について

▷おすすめサイト(他サイトさま)

kaffy(カフィ)

RSS エラー: https://kaffy.work/ is invalid XML, likely due to invalid characters. XML error: XML_ERR_NAME_REQUIRED at line 1, column 2