ネイティブアメリカンの知恵の輪。アニシナベ族に伝わる七つの美徳「勇気」

こんにちは!

“ネイティブアメリカン知恵の輪 お話し会”というものへ参加してきました!

ネイティブアメリカンはかつてインディアンとよばれていました。

ネイティブアメリカンは”命の根源”について、母なる地球からの恵みと考えます。

すべてはつながっている。(All my relations,アニシナベ語で”ニカニガナ”)

すべてはひとつ。(Oneness)

こういった考えがベースにあり、伝承されて現在に至っています。

ネイティブアメリカンには300を越す部族があります。

その中で3番目に大きな部族にアニシナベ族(Anishinaabe)というものがあります。

お話会では、アニシナベ族に伝わる7つの美徳について、みんなと輪になって思索を深めていきます。

7つの美徳とは。

「愛・尊敬・誠実・謙虚・勇気・真実・智慧」

があります。

今回のテーマは「勇気」でした。

「勇気」のシンボルは”熊”

“熊”は癒しを司る。

勇気は癒しへとつながる。

自分自身や家族、そしてコミュニティ全体それらはすべて同じもの。ひとつのもの。

すべてが良き方向に、癒しがもたらせるように行動する勇気を持つ。

良きものへの達成のためには、強さと勇気のその前にいろんな失敗たち(series of defeats)が必要だ。

以上のような内容とわたしは受け取りました。

今回は20名近く集まってすごかった。

そしてたくさんの気づきをもらってきました。

人生は楽しい!

「7つの美徳」を算数であらわすとすると、四則演算になると思います。

つまりいちばんの基本であり、シンプルであり、あたりまえなもの。

このシンプルであたりまえを、宇宙や母なる地球視点から思索する。

じつは、このあたりまえと思われることがいちばん真理(幸せ)に近いのだと思います。

しあわせの青い鳥は目の前にいるのだと思います。

でも、アドラーも宇宙を口に出した途端に人が離れていったらしいので、スピリチュアルな視点というのは受け入れが難しいのでしょう。

わたしはスピリチュアル視点から、今まで見えていなかった世界が一気に見えてきました。

むかしのひとが伝えてきたことが、じつは真理を見すえているものだと見えてきました!

今回はここまでで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

みなさまに幸せが届きますように!

感謝!

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります!


健康と医療ランキング