断食護摩修行 根源的エネルギー ワンネス

先日、京都の綾部にて断食護摩修行をしてきました。

3日の間、水と食ベ物を断ちながら、日に3回の護摩行を行います。

護摩行とは不動明王の化身である火と一体化をする行です。

その火は根源的なエネルギーの象徴でもあります。

火と共鳴し、一体化し、宇宙のすべてとありのままにつながります。

1日目は、かなりの力仕事を行うことがあったために、昼過ぎにはもう喉の渇きを感じる状態になってしまいました。

しかしながらも夜はよく眠ることが出来ます。

2日目中盤になる頃には、渇きに加え、飢えも感じてきます。

自分の中の物質的なエネルギーはかなり消耗された状態になってきます。

護摩修行で不動明王真言を発することにも疲労を感じます。

しかし2日目中盤を越えてくると、どこからか新たな力が湧き上げって来るのを感じます。

そして祈りの力は衰えることなく、パワーを増していきます。

3日目をむかえて、飢えと渇きは感じるものの、どこからか力が湧きあがり続け、それは満行まで続いていきます。

同時に、自分のすべてがピュアな状態になるのを感じ、ありのままの自分の感覚になっていきます。

今まで感じられなかった、内から溢れ出る根源的なエネルギーを感じられるようになって行きます。

この世のすべては根源的なエネルギーで出来ています。

根源的なエネルギーは癒しの根源的エネルギーでもあります。

外的な物質的なものに頼る生活を送っていると、物質を超えたエネルギーを感じることができなくなります。

それは外部からの力に依存することになり、自分自身の内なる癒しの力を封じ込めることになっていきます。

3日間の断食断水しながらの護摩修行は、真の癒しの力を感じることのできる機会となりました。

今回、わたしは行を行うにあたってひとつのテーマがありました。

それは最澄上人の言葉である、

「忘己利他」(もうこりた)

”己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり”

セラピストとして、真の癒しへと導く手助けができるようになるためには、「 忘己利他 」と向き合うことがなによりも大切だと思っています。

己はなにか?

なにが己か?

飢え渇いた状態の中で己と向き合い、己を忘れて他者のために祈るようにしました。

その中で大きな体験をしました。

それは他者と自分の区別がなくなった感覚があったことです。

それは目の前の火と一体化するような感覚でした。

己を忘れることも忘れ、ただただワンネスを感じました。

10秒くらい感じたような気がするのですが、おそらく実際は一瞬のことだったと思います。

そうして得た大きな気づきは、「ただ動く(実践する)」ということでした。

己を忘れることも忘れただ動く。

ただ動くことが他を利することになる。

他者のためと考えることを突き抜け、直感で動いた結果が他者のためになっている。

そのように動く。

こういった気づきを得ることができました。

ずいぶん自分が整った感覚がします。

ともに修行させていただいたみなさんに感謝です。

断食明けのお水、最高でした。

こんなに美味いものがあるのかという気持ちになります。

この世は素晴らしい!

すべてのことがらに感謝!

みなさまに幸せが届きますように!

護摩行はティピテントで行います。夜は火の光で幻想的になります。
満行後のお水。どんな水でも、とってもとっても美味しいのです。
断食明け食。宿便が出るまで梅湯(5杯くらい飲む)とキャベツをひたすら食べます。
満行の日、雨の予報はずれてきれいな青空になりました。

ブログランキング参加中

クリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療ランキング