自分らしく生きるために大切なこと

今回のブログは、前記事”自分らしく生きるとは?”もぜひあわせてお読みくださいませ。

自分らしさ。

それは本当のあなた。

本来のあなた。

生きていて何かが違うと感じることありませんか?

こんな生き方は自分じゃない。

誰かにやらされている感じがする。

それはあなた本来の生き方とは何かが違っているのでしょう。

自分らしく生きることができていないと、心と身体と魂のつながりがばらばらになっていきます。

アーユルヴェーダなどのホリスティック医学では、このつながりが弱くなったり断たれたりすることで、病気になりやすくなると考えられています。

緩和ケアにおいても同様に考えられています。

その行動に何かしっくりこなかったり、自分の気持ちと一体感を感じられなければ、それは本来のあなたの行動ではないということです。

けれど、自分のしたいことが何かわからないという方がおられると思います。

だからしっくりこない行動をしてしまう。

もしくは他の人からこんなことを言われているかも知れませんね。

「がまんしろ」
「大人になりなさい」
「お前には無理だ」
「そんなので生活できるの?」

そして言われるがままに不本意な行動、生き方をしてしまう。

こういう人たちをドリームブレイカーって言うそうですね。

大丈夫です。

あなた自身が言っているわけではありません。

あなたはあなたです。

判断するのはあなたです。

本来のあなたがそうだなと納得すればそれで良し。しっくりこないのであれば、あなた自身の生き方をすれば良い。

本来の自分が何かわからない。

何がしたいのかわからない。

それも大丈夫。

しっくりする行動、直感にしたがう行動を取っていれば、やがて本来の自分が見えてきます。

それが自分らしさです。

そして、自分らしく生きるためにとっても大切なことがあります。

・自分で判断する行動には責任が伴うということ。
・他のせいにはできなくなるということ。
・自分のためだけでなく、人や社会のためになるように行動すること。
・自分を愛すること。
・他も愛すること。

「きびしい」

そう思われるかも知れません。

このことを避けてしまうがために、自分らしさを失っている方はたくさんいると思います。

「自分らしく生きる」

その強い信念は必要です。

自分らしく生きることができていると、きびしさは楽しさやワクワクに変わっていきます。

幸せに満ちた人生を歩めるようなります。

現在の生き方に、しっくりこない、何かが違う、と感じられてる方。

最近、身体の調子が悪い、気分が晴れない、そう感じられている方。

自分らしく生きることができていないのかも知れません。

いちど自分らしく生きるということに向き合ってみてください。

本当のあなた、本来のあなたが待っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あらゆることがらに感謝。

みなさまに幸せが届きますように!

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります!


健康と医療ランキング