幸せのために その三 「自分を受け入れる」

前回は「自分をゆるすこと」についてのお話しをました。

今は自分を許すことができなくても、自分を許すということを知る。

それが幸せのための道標となってくれるでしょう。

さて今回は、許すことができても、できていなくても、

そんな「自分を受け入れること」についてのお話です。

許すことと受け入れることは違うの?

許すことだけでは、自分の中にもう一人の自分を作ることにつながります。

自分は自分です。

自分の好きなところも、好きになれないところも、それはすべて自分自身です。

もう一人の自分が居続けては、ありのままの自分ではなくなります。

だから、許すということまでを超えて、自分をすべて受け入れます。

何もかも含めて自分を愛します。

自分を愛することをも超えて、自分が愛そのものになっていきます。

このおはなしは、左脳で考えてるとわかりにくいと思います。

右脳でなんとなくで感じでみてください。

あなたはあなたです。

あなた自身をすべて受け入れます。

それが幸せのための道標となっていきます。

今回はここまでで。

最後までお読みいただきありがとうございます!

みんないっしょに幸せになりましょう!

すべてのことがらに感謝!

お知らせ お裾分け アロマ エッセイコラム スピリチュアル セラピー ネイティブアメリカン ワークショップ 仏教 学び 幸せ 感謝 日常 福祉 読書

🍀 癒しの整体サロンを営んでおります 🍀

ブログランキング参加中

クリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療ランキング